キムチのmiyama

日本初!植物乳酸菌で肌のうるおいに関する機能性表示取得

「キムチのmiyamaの長年の乳酸菌研究から生まれた独自の植物乳酸菌※1LB27(ミヤビスLB)」に、肌のうるおいを守るのを助ける機能があることがヒト臨床試験にて実証され、この度、機能性表示食品の申請が受理されました。「イチオシキムチ」シリーズにはミヤビスLB(Lactobacillus brevis LB27)が含まれます。

※1 野菜など植物に由来(生育)する乳酸菌

イメージ

ミヤビスLB(Lactobacillus brevis LB27)は、
肌のうるおいを守るのを助ける機能が
あることが報告されています。

【届出番号:D483】

商品ラインナップ

機能性表示食品 イチオシキムチ3個パック

機能性表示食品
イチオシキムチ3個パック

イチオシキムチの3段パックが登場です!
食べきりサイズですので、様々な食シーンで活躍すること間違いなしです。納豆と混ぜ合わせたり、おつまみとしてそのまま食卓に出すことが出来ます。

ミヤビスLBは
こんな方におすすめ
イメージ

乳酸菌摂取理由のマーケティング調査

女性では「美容、美肌」を目的に乳酸菌を摂取している人が
20~50代にかけて、34.5〜40.3%いらっしゃいます。

「美容、美肌」を目的に摂取している女性

20代 37.5% / 30代 40.3% / 40代 40.1% / 50代 34.5%

乳酸菌の摂取理由

出典: 野村総合研究所 シングルソースデータ(関東エリア 男女20~50代:N = 2,062)より抜粋

「LB27(ミヤビスLB)」に確認されている機能性

コレステロール値の低減作用、体を守るのを助ける作用、肌のうるおいを守るのを助ける作用

「イチオシキムチ」シリーズにも配合されている
LB27(ミヤビスLB)6つの特長

01. 肌のうるおいを守るのを助ける機能性

「LB27(ミヤビスLB)」を1日400億個摂取すると、「肌のうるおいを守るのを助ける機能」があることをヒト臨床試験で確認し、消費者庁に機能性表示申請が受理されました。植物乳酸菌での「肌のうるおい」に関する機能性表示は、「日本初!」です。

「イチオシキムチ」シリーズは、機能性表示食品ではありません。

02. 自社生産・自社培養、当社独自の乳酸菌「LB27(ミヤビスLB)」

当社では、健康的で豊かな生活をおくっていただきたいとの想いから「キムチの乳酸発酵」に着目し、長年乳酸菌の研究を続けており、現在400株以上の乳酸菌株を保有しています。この菌株の中で、特に機能性に優れていた乳酸菌が、「LB27(ミヤビスLB)」で、免疫機能の改善については、すでに臨床試験で改善作用が報告されています。

03. 毎日の食事で、手軽に、おいしく乳酸菌を摂れます

「イチオシキムチ」シリーズには、「LB27(ミヤビスLB)」乳酸菌が入っており、毎日の食事で手軽においしく植物乳酸菌を摂っていただくことができます。また、毎日健康的に食べていただけるように改良改善を重ね、より本格的なキムチらしい風味に仕上げています。

04. 私たちに親しみ深い植物乳酸菌

味噌・醤油・漬物には、すべて植物乳酸菌が入っていることから、一般的に、植物乳酸菌は日本人とは非常に相性が良いと言われており、安全性の面でも食経験から実証されています。

05. 乳酸菌量400億個!(キムチ50gあたり)

当社では、植物乳酸菌「LB27(ミヤビスLB)」を、毎日効果的な量を摂取していただく為に、独自の技術を集約して、乳酸菌を安全安心かつ美味しくいただける培養法で50gあたりの乳酸菌量を400億個にすることに成功し、商品に活用 しています。(キムチ50gあたり)

06. 風味に影響しない加熱処理済乳酸菌

当社独自の乳酸菌「LB27(ミヤビスLB)」は、加熱処理を行う事で、キムチの発酵にまったく影響を与えないことから、風味が安定するメリットがあります。また、加熱処理済乳酸菌は、乳酸菌生菌と同等の効果があることが知られています。

LB27(ミヤビスLB)が
お肌のうるおいを守るのを助けるメカニズム

LB27(ミヤビスLB)が腸管の免疫グロブリンA 産生細胞を増やし、
肌のバリア機能を維持することで、肌の水分量の保持に働いていると考えられます。

イラスト
お腹の中に到達したミヤビスLBは、
腸管を刺激する。
これにより、免疫グロブリンA 産生細胞 が増える。
イラスト
LB27(ミヤビスLB)

キムチ由来の乳酸菌
L.brevis LB27

イラスト
免疫グロブリンA 産生細胞 が、
からだ全体に行き渡る。

(ホーミング現象)

イラスト
免疫グロブリンA 産生細胞

抗原を提示されたB細胞が変化した形。
全身を駆け巡る。(ホーミング現象)

LB27(ミヤビスLB)
1日400億個の継続摂取で、お肌に変化

肌に到達した免疫グロブリンA 産生細胞によって、
肌のバリア機能が正常に保たれることで、肌の水分量が保持されます。

イメージ

1日400億個のLB27(ミヤビスLB)の摂取によって

摂取8週目 左前腕の経表皮水分蒸散量

機能性表示

経表皮水分蒸散量
経表皮水分蒸散量が減少!
(肌から蒸発する水分量)

出典: Jpn Phrmacol Ther(薬理と治療), vol. 42, no. 10, 2014」

被験者: 肌の乾燥を自覚する日本人健常女性12名(年齢22~48歳) ミヤビスLBの菌体400億個を含む粉末を1日1回、継続して8週間摂取

データ選択理由: 研究レビュー採用論文のうち、代表的な結果を事例として提示。

上記出典よりグラフは作図

機能性の詳細(様式 V:機能性の科学的根拠

摂取8週目までの肌状態の主観的評価

経表皮水分蒸散量
経表皮水分蒸散量が減少!
(被験者の主観的評価による)

出典: Jpn Phrmacol Ther(薬理と治療), vol. 42, no. 10, 2014」

上記出典よりグラフは作図

美山の植物乳酸菌LB27 研究レポートはこちら
  • ※機能性表示食品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
  • ※機能性表示食品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
  • ※機能性表示食品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。
  • ※疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。
  • ※体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。
イメージ 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

機能性表示食品とは

  • ●機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品(トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。
  • ●そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんがそうした商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に、新しく「機能性表示食 品」制度がはじまりました。
  • 「おなかの調子を整えます」「脂肪の吸収をおだやかにします」など、特定の保健の目的が期待できる(健康の維持及び増進に役立つ)という食品の機能性を表示することができる食品です。
  • 安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されるものです。
  • 消費者の皆さんが誤認することなく商品を選択することができるよう、適正な表示などによる情報提供が行われます。
[制度の基本的な考え方]

制度の特徴

  • 1.疾病に罹患していない方(未成年者、妊産婦(妊娠を計画している方を含む。)及び授乳婦を除く。)を対象にした食品です。
  • 2.生鮮食品を含め、すべての食品(一部除く。)が対象となっています。
  • 3.安全性及び機能性の根拠に関する情報、健康被害の情報収集体制など必要な事項が、商品の販売前に、事業者より消費者庁長官に届け出られます。
  • 4.特定保健用食品とは異なり、国が安全性と機能性の審査を行っていません。
  • 5.届け出られた情報は消費者庁のウェブサイトで公開されます。

機能性が表示されている食品

特定保健用食品(トクホ)

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

栄養機能食品

一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。

機能性表示食品

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

出典: 消費者庁「消費者の皆様へ『機能性表示食品』って何?」より抜粋

リンク先: https://www.caa.go.jp/policies/policy/food_labeling/about_foods_with_function_claims/pdf/150810_1.pdf